読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元教員 群馬 こどもの遊び応援隊 山田ユキのブログ

群馬県太田市に自然の遊び場を創ろうと活動しています。

SNSの利用者って限られている?


f:id:vanchan0118:20170317211011j:image

ほっぺ!と教えてくれた4歳の長男(^^)

 

今日は児童館での親子クラブ最終日でした。

 

兄から通いはじめ、今年は妹で登録。丸々3年間。

 

毎週金曜日の親子クラブは、最近は忙しくなりなかなか行けなくなってしまった。

 

今日を最後に、もう会わなくなるお母さんたちもいるかもしれない。

 

ペラペラの名刺を用意し、半分くらいのママさんには、私の今やっている活動をお話しさせてもらいました。

 

お話しさせてもらい、イベント情報がFacebookに載っていることを伝え、

 

Facebookやってますか?』

 

と聞くと、

 

 

なんとほぼ全員がやってなかった!!

 

えぇ!!!

 

1年間はご一緒していたので、やっていることを隠したくて嘘をついたのではないと思います…

 

Facebookってどんなの?興味はあるけど…

 

とか、スマホに替えたらやるね!

 

という、ママさんたち。

 

私の中でほぼ9割の人びとは、Facebookやってると思い込んでた!!

 

びっくり。

 

やはり、イベントをママさんたちに伝えていくにはFacebookだけではダメなんだな。

 

Facebookやっていても子育て中に見る暇ない、という方も多いかも。

 

子どもといるときにスマホを見ていると、それだけで悪いことをしているような風潮もあるし、、、

 

なにより子どもがスマホに夢中になるのも困る。

 

 

やはりまだまだチラシは必要なんだと感じた一日でした。

息子が幼稚園を登園許否してから絵が描けるようになったお話

左が年少の長男。
f:id:vanchan0118:20170308185836j:image
ホワイトボードに家族四人の姿を描いてくれました。

 

こういう顔の絵、幼稚園に通っている間は描いてくれませんでした。

 

 

 9/26

f:id:vanchan0118:20170315214529j:image

珍しく、おさるのジョージを描いてくれたので写真が残ってました 

 

11/1
f:id:vanchan0118:20170315214511j:image

なんだかわからない絵

ちなみに、場所はキッチンの背面。立つと流しがあります。

黒板シートという大きなシールを貼って、チョークで自由に絵が描けるようにしてあります。

 

11/4
f:id:vanchan0118:20170315214749j:image
1、2、3を書いてくれました。

場所はご近所さんのおうち。


11/26
f:id:vanchan0118:20170315213920j:image

先程のキッチン背面。

円で囲った中に『6』を書き、

 

シーックス! 

 

と話しています。

通う幼稚園は英語もやっています…

 

2月某日
f:id:vanchan0118:20170315215255j:image
3週間ほど幼稚園を休んでいて、この日だけはなんとか行ってもらったときの顔。

本気で嫌がっています。


みんなが外遊びしているときも、教室から出られず、母と妹と部屋で本を読んで待ちました。(保育参観日)

 

3/2
f:id:vanchan0118:20170315215303j:image

 家族4人の絵

幼稚園を不登校して1ヶ月半になります。

 

3/13
f:id:vanchan0118:20170315220358j:image

家族4人と、初めて義父母の絵も。

近くに住む私の父母は描かずに、遠くに住む夫の父母を描いた!

 

先日、夫の妹さんの結婚式で会えた嬉しさからでしょうか?

 

 

 幼稚園に行けなくなったきっかけは、給食中に吐いてしまったこと。

 

吐いたのはおそらく妹のウイルス性のものが移ったからで、精神的なものではないと思います。

 

園を早退して、体調が戻るまで欠席。しかし治ってからも行くと言わず。

 

バス登園で、4月から1月まで嫌がることなく自分で園服を着てバスに乗り込んでいました。

 

毎日毎日、バスが来る前に行く行かないのやりとりをして、バスの到着前に園に電話をしたり、バス到着後に先生と誘ってみたり。

 

だんだんと私も疲れてきて、

園に『行くときだけ連絡します』と宣言。

 

休んでいる間も、園からは業務連絡の電話のついでに『元気ですか?』の話が一度出たきり。

 

この2ヶ月、園からの電話はお金の催促だけでした。

 

元気にしてますかって話にはならないのかな。

ベテランではない先生だから?

 

 ますます私自身、園から心が離れていく。

 

 

 

数ヶ月前に、息子と同い年の子が保育園で描いた絵を見せてもらった。


f:id:vanchan0118:20170306000355j:image

 消してある部分には、個人名が書かれています。

この子が通う園では、一人一人の絵に対してどんな思いが込められているのかを保育者がくみ取り、そのやりとりを端に記してくれています。

 

子『よーいどんしてるところ』

 先生『誰が走ってるの?』

子『○○(自分の名前)。あと○○、ここは○○(友達の名前)』

先生『こっちがゴール?』

子『うん、ここ』

 

 

この絵を見せてもらったとき、私はとても興奮しました。

 

典型的な『頭足人』(とうそくじん)の絵!!

 

頭から手や足が生えているのです。

この頭足人、世界共通だそうです。

海外の子も同じように頭から手や足が生えた絵を描くなんて、面白いですよね。

 


f:id:vanchan0118:20170306000404j:image

 

そして、自分の周りに関わる人をたくさん描いています。

これは電車の中だそうで、

先生『電車の中で座ってたの?』

という質問に、僕は座ってたけど○○と○○はどっか行っちゃった、と返答しています。


ちゃんと場面を想像し、思い出しながら描いていることがわかります。

 

息子の絵が、頭足人に変わる瞬間を楽しみに待ちたいと思います。

親も子もストレスなく、お絵描きを楽しむ方法 ✳追記あり


f:id:vanchan0118:20170313210657j:image

我が家のパパは平日のみ、単身赴任。

土日は帰ってきます。

 

つまり、平日のお風呂も夕飯も寝かしつけも全部ママが担当。

 

そんな中、お風呂場で活躍してくれるおもちゃをご紹介します。

 

子どもがもくもくと遊んでいてくれるので、その間ゆっくり体や髪の毛を洗うことができます

 

買ったのはお風呂用のクレヨン。

 

おもちゃ屋さんで見る700円って、なぜか安く見えてしまう不思議🌟

 

これを買うぞ!というつもりもなく、おまけで買ったのですが、これがいい!

 


f:id:vanchan0118:20170313211237j:image

 

お湯をさっとかけると、ほぼ消えます。

 

濃く書いてあって残ってしまった部分は、スポンジでさっと拭くだけで消えます。

 


f:id:vanchan0118:20170313211348j:image

 

大きなキャンバスにのびのび描くことって大事なのだそうですが、

 

そこまで大きな紙を用意するのは大変。

 

その点、お風呂場は壁一面がキャンバス!

 

白い壁がお風呂にあるおうちはラッキー!

 

お風呂用のクレヨンを購入すればすぐ描けます。

 

床やテーブルにはみ出る心配もゼロ!

 

親子ともにストレスのない空間。


f:id:vanchan0118:20170313211534j:image

 

肩まで浸かるのは少し難しいですが、半身浴にはもってこい。

 

絵を描くのが好きな子はしばらく集中してくれます。

 

我が家はコンビニで買った、コーヒーのプラスチックの容器に立ててしまっています。

 

他のおもちゃと混ぜてしまうと、汚れそうで別にしました。

 

クレヨンはお湯に溶けるので、濡れる場所に置いておかないほうがいいかも。

 


f:id:vanchan0118:20170313212147j:image

 

2歳の娘も何やら描いて説明してくれています。

 

全然わからないけれど。(笑)

 

幼稚園を不登校になってから、ようやく絵が描けるようになった4歳の長男。

 

 詳しくはこちら


f:id:vanchan0118:20170313211534j:image

 

今日は家族4人だけでなく、はじめて遠くに住む義父母のことまで描いてくれました。

 

顔と顔を線で繋ぎ、『線路で繋がってるんだよ』と言っています。

 

新幹線好きな息子の発想。

 

自分の描きたいと思ったことを、話しながら描いてくれる姿に、母は安堵しています。

 

幼稚園に通っていた頃は、ぐじゃぐじゃの線か、習ってきた数字を書く…。

 

誇らしげで、はじめはスゴイスゴイと誉めていましたが、

 

今は文字や数字よりももっと大事なことがあるだろうと考えるようになり、

 

早期教育には反対の立場になりつつあるので嬉しくない。

 

本人が学びたいと思ったときに学んで書いてくれるのを待ちたいなーと思っています。

 

でもパパが文字を教え込んでたけどね…。

 

お風呂クレヨン、面白いですよ!

 

 

ただし、一度濡れてしまった壁にはあまり描けません。

 

一番風呂がおすすめ。

 

*******追記*******

 

他のサイトを見て知ったのですが、その日のうちに消さないと、消しにくくなるみたいです。

要注意!

 

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【水遊び】ラブ・ア・ダブ お風呂クレヨンリフィール
価格:918円(税込、送料別) (2017/3/15時点)


 


 

焦がさない!焚き火で美味しいマシュマロクラッカーの作り方

あかぎの森のようちえんに参加してきた。


f:id:vanchan0118:20170312173805j:image

 森の中で思い思いに遊ぶ中、おやつの声が。


f:id:vanchan0118:20170312173716j:image

マシュマロを焼いてクラッカーに挟んで食べる、マシュマロクラッカー!

 

子どもたちが一通り食べ終わったあと、残ったマシュマロで作り方をレクチャーしてもらった。

 

f:id:vanchan0118:20170312173913j:image

 

適当に火に当ててみると
f:id:vanchan0118:20170312173936j:image

底だけ焼けて周囲はまっ白。 

魚を焼くときのように、横の面に火が当たるように傾けて焼くこと

 

また、炎にマシュマロを当てると焦げてしまうので、炭の赤くなった部分のあたりにそっと置くことを教わる♪
f:id:vanchan0118:20170312173955j:image

 

また、クルクルと回しながら焼くと全面が茶色くなるそう!

 

このように茶色に焼けたら完成!
f:id:vanchan0118:20170312174016j:image

 

クラッカーに挟んで
f:id:vanchan0118:20170312174035j:image

 


f:id:vanchan0118:20170312174101j:image

 


f:id:vanchan0118:20170312174118j:image

 

食べる!
f:id:vanchan0118:20170312174143j:image

 

これは焦げてしまったやつ
f:id:vanchan0118:20170312173716j:image

 


f:id:vanchan0118:20170312174302j:image

 焦げても自分で作ったものは美味しいね!

 

マシュマロを直接食べる息子。

f:id:vanchan0118:20170312174324j:image

 

 

バナナを焼く方がいたので見させてもらった。

皮ごとホイルに包んでいるが、ホイルはなくてもいいとか?
f:id:vanchan0118:20170312174434j:image

 もう少し焼く必要があるとのこと。


f:id:vanchan0118:20170312174537j:image

 

 トロトロになったら完成!


f:id:vanchan0118:20170312174605j:image

 


f:id:vanchan0118:20170312174619j:image

娘にあげたら砂に落とされてしまい、味はリポートできなかったがとても美味しそう♪

 

ぜひお試しあれ

着物で子連れで結婚式の苦労したこと


f:id:vanchan0118:20170306093523j:image

親族の結婚式で着物を着た。

 

車で二時間移動しての会場入りだったが、参列者は日本各地から来ており、私たちがいちばん近いのかもしれない!

 

f:id:vanchan0118:20170306093731j:image

 子連れはただでさえ荷物が多い。

 

 

暇潰しのタブレット、DVDプレイヤー、

お出掛け必需品のオムツ、お茶、お菓子…

撮影機器の一眼レフ、ビデオカメラ…

寒いときの羽織もの…

食事の時のケープ、もしものためのスプーンフォーク…

 

式典用のバッグも持ってきてみたが、大きなリュックに入れたまま使うことはなかった💧

 

総重量どのくらいなのか。

どれもクロークに入れずに携帯したいので、

手荷物が多い

 

f:id:vanchan0118:20170306101757j:image

 

尚且つ、大人だらけで緊張する場面の多い結婚式。(控え室で娘はこのリラックスモードだが)

 

移動もちょこちょこあり、おのずと抱っこ抱っことなる(*_*)

 

着物だと普段のように歩くことができない。

 

その上に重い荷物と、落としてはいけない子どもを抱え!

 

抱っこしていると帯紐がずるすると落ちてくる。

 


f:id:vanchan0118:20170306103000j:image

 

片時も目が離せない。

 


f:id:vanchan0118:20170306103112j:image

 

裸足で走り回る兄妹。

靴を履いたが素足に革靴…

 

 

見栄えのする着物、気持ちもシャンとして姿勢もよくなる!

 

が、動きにくいのは否めない…

 

子連れで着物、けっこうハード!

 

という感想でした。

 

結婚式はいつ出ても感動♡

 

夫婦のスタートを思い出させてもらいました。。

家族と写真を共有するアプリ『みてね』


f:id:vanchan0118:20170302215123j:image

 


f:id:vanchan0118:20170302215132j:image

 

 家族アルバム  みてね ―子供の写真や動画を共有、整理アプリ

 

2016年9月から利用しているこのアプリ、かなり便利!

 

 

FacebookInstagramなどは不特定多数の人が見られるように写真を載せるが、こちらは家族だけに限定公開するために作られたアプリ。

 

遠く離れた義理の両親に、メールで1枚1枚写真を送っていたり、現像して渡している場合には、おすすめしたい。

 

もちろん現像したものが欲しい場合もあるので、併用してもらえたらベストだと思う。

 

我が家の例でいくと、この『みてね』に登録しているのは、

・単身赴任中の夫

・近くに住む実母

・遠くに住む義理の父

・同じく遠くに住む義理の母

・遠くに住む私の実弟

実弟のお嫁さん

 

この6人。

近況の部分に、何時間前に『みてね』を覗いてくれたのかわかるようになっている。


f:id:vanchan0118:20170302215736j:image

 上のカラフルな○はそれぞれの名前が書いてあり、何分前、何時間前に見たのかがその下に記されていて、足あととよばれるようなものだ。

 

 

下は11月を選択してみたとき。

f:id:vanchan0118:20170302215617j:image

 

月毎にベージが変わり、画面上部の○の部分を押すと、その月が映るようになっている。

 

大きな枠の写真は、ログインするたびに毎回変わる。

それもまた面白い。こんな写真もあったな、と思い出させてくれる。

 

下にスクロールしていくだけでいろんな写真が一度に見られる。

 

もう一度 下部の『近況』  という部分を押すと、このような画面になる。

f:id:vanchan0118:20170302215736j:image

誰が何枚写真を載せてたのかがわかるようになっていて、どんなコメントを付けたかが一目でわかる。

 


f:id:vanchan0118:20170302215415j:image

画像を共有する方法だが、まず、写真と動画を一気に選択する。

 

以前使っていたものは、1枚選択→コメント記入→送信

 

を何度も繰り返さなければならず、たくさんの写真を家族と共有したいときには相当な時間がかかった。

 

しかしこのアプリは、共有したい写真を何枚も選択することができ、ついでに動画まで一緒に選択できる。

 

そしてそのまま送信。アップロード。

 

画像や動画をネットで送信するときは、かなりデータ量がかさむのでWi-Fiなどの環境下で行うことをおすすめする。

 


f:id:vanchan0118:20170302221621j:image

コメントは以下のように表示され、もう一度写真を押すとコメントは消え、写真が全画面表示される。

 

このアプリのいいところは画像を切り取る手間もなく、縦長にすべて写し出されるところ。

 

以前のアプリでは送信するときに正方形の写真に切り取られてしまうので、写真撮影のときも気を付けないと肝心な部分が写らず、何の写真だかわからなくなってしまうことがあった。

 

例えば、


f:id:vanchan0118:20170302222158j:image

 

正方形に切り取ると左側の長男しか映らないが、ほんとは右側にも娘がいて、


f:id:vanchan0118:20170302222229j:image

 

娘を写すと長男が消える、という事態がよくあった。

 

『みてね』はこの心配もなく、切り取る必要がないのでそのままの写真を見ることができる。


f:id:vanchan0118:20170302222440j:image

 

動画の制限回数もなく、動画をいくつも載せることができる。

 

『みてね』を使う前は『LINE』で動画を送信していたが、それだと返事をしないといけないような雰囲気にさせてしまうので、送るときも気を遣っていた。

 

夜遅くに送信すると、音が鳴る可能性もあった。

 

その点も、『みてね』なら通知音はないし、見たいときに見ればいいだけなので強制もないし、既読の表示もない。

 

母親にとって何より助かるのは、バックアップにもなるところ。

 

スマートフォンを水没させた、またはSDカードが突然故障してデータがない!などのときにも、『みてね』に載せてあるものは再びダウンロードできる。

 


f:id:vanchan0118:20170302222941j:image

 

月が変わると、自動的に一月分のアルバムをデータで作成してくれる。

 

このアルバムは今なら1冊490円(税別)で送料無料だそう。

 

アルバムを作るアプリをダウンロードする手間も省ける。

 

また、1秒動画というものもあり、過去にアップした動画30本を1秒ずつ音楽に合わせて繋ぎ併せてくれる。

 


f:id:vanchan0118:20170302223430j:image

 

日々の生活をCMのように切り取って編集してくれるので、うっかり泣いてしまいそうなほどだ。

 

ぜひ動画を30本以上載せて、1秒動画をつくってもらってみて欲しい!

 

SNSにシェアすることもできる。

 

 

mitene.us

 

 

 

 

 

 

 

太田に森のようちえん、プレーパークを

山田 ユキ

 

Facebook

自主保育とはママたちで預け合いをする活動


f:id:vanchan0118:20170302002008j:image

 

太田市 森のようちえん』

太田市 プレーパーク』

で検索すると、このブログが1番に出てくる!!

 

それを群馬県にすると、プレーパークなら3番目、森のようちえんにすると2ページ目の最後の方、となる。

 

まだ活動できてないのに!!すごい!!ブログ。

 

かさこ塾に入って、ブログ毎日更新が宿題で出ているのだ。

 

あ、毎日できてないのバレる(笑)

 

宿題だけれど、やってもやらなくても怒られない、要は自分次第。

 

学校だ…。

 

そして本題に入る前が長いのもイカンのにしてしまった…

 

 

 

自主保育

 

聞き慣れない言葉かもしれない。

今日、保育園の支援センターの先生に説明しても初耳だったそうだ。

 

ワタシは公立小学校教員だったのだが、辞めた理由のひとつに『公教育以外の学び場』の存在がある。

 

フリースクールという言葉なら少しは認知されてきているかもしれない。

 

支援センターの先生と、一緒にいたママさんにはピンとこない言葉だったようだが…

 

日本でいうフリースクールとは、学校に合わない子のための居場所、ケアを行う場所というイメージがあるかもしれない。

 

支援を目的としたフリースクールもある。

 

でも、支援を目的としていないスクールもある。

 

私のいう『公教育以外の学び場』はその支援を目的としていない方を意図している。

 

私が興味があるのは、サドベリースクール、デモクラティックスクールという学校だ。

 

その話はまた別の記事に。

 

 

フリースクールなどは学齢期を対象としたものが多いが、

 

自主保育とは、主に就学前の子どもたちを対象とした無認可の保育形態となる。

 

保育をするのはその保護者であるママたちで、かわりばんこに保育をする形が多いのかもしれない。

(かわりばんこって群馬弁?)

 

もしかしたらひとりのママがずっと保育をすることもあるかもしれない。

 

これから調べていこうと思う。

 

ネットでざっと調べてみても、野外で行われる自主保育が多いように思う。

 

むしろ野外でやるものを自主保育だとするページもある?

 

屋内で預け合いも自主保育だと思うのだが、おそらく屋内での保育よりも、野外に関心のあるママたちが集まっているからだと思う。

 

外遊びの重要性。

 

昔はそんなことを言われなくても外が遊び場だった。

 

『あなたの原風景はなんですか?』

 

『あなたが小さい頃よく遊んでいたのはどんな風景でしたか?』

 

 

私は自宅の庭と、その周囲の田んぼのあぜ道、そして川だ。

 

どれも自宅を中心として歩ける範囲にあるものばかり。

 

自宅の2メートルはある高さのブロック塀によく登って、平均台のように遊んでいた。

 

護岸整備されたコンクリートの川にも降りていって、何かしらして遊んでいた。

 

今年31歳だが、近所のお姉さんやその弟たちと一緒に秘密基地を作るなど、親の目のないところで存分に遊んだ記憶がある。

 

 

では、我が子の原風景は何になるのだろうか。

 

我が家の近所は幸いなことに子育て世帯が多く、夕方になると小学生のお兄さんお姉さんが帰ってきて、就学前の子どもたちも一緒になってよく遊んでいる。

 

道路族、と批判されてしまうかもしれない。

 

よく、孫の送り迎えをしているおばあさんにおもいっきりクラクションを鳴らされている。『ブブーー!!!!!』

 

遠慮は一切なく、音に怒りを感じる…。

 

そんなところで遊ぶ私たちも悪いのだが…。

 

 

我が子の原風景は、そんなコンクリートの風景かもしれない。

 
f:id:vanchan0118:20170302013813j:image

 

親は片時も目が離せない。

 

(小学生ともなると親は出てこないけれど)

 

親に見張られながら遊ぶのは、本意ではないだろうが、安全を守らなければしかたがない。

 

原風景がコンクリート、またはゲームになってしまうのか。それともショッピングモール?


f:id:vanchan0118:20170302014104j:image

 

3歳になったら、親元を離れて幼稚園や保育園へ行く、というのはもはや常識になってきた。

 

何年頃からほぼ全員がいくようになったのか詳しく調べていないのだが、私の祖母は通っていないのではないか。

 

親の畑仕事を一緒に手伝うか、そばで遊んでいたのだと思う。

 

働き方が徐々に変わり、家で見ていることが困難になり、子どもを預けて働くようになった。

 

いつしかそれは強制のようになり、子どもはみんな園に入るもの、と認識されるようになった。

 

昼間子どもを連れていると、『もう保育園にいってるのかい?』と農作業中のおばあさんに声をかけてもらう。

 

赤ちゃんには『おっぱい?ミルク?』と質問するような感覚だろう。

 

4歳の息子は今、幼稚園を不登校、不登園している。

 

幼稚園で行きたくないなんてあるのかと思うが、ハッキリと拒否している。

 

私が勤めに出ていたら、泣いてでも幼稚園に行ってもらっていただろう。

 

でなければ働けないのだから。

 

今は幸いにフリーランス、というかほぼ無職なので子どもに寄り添っていられる。

 

保育園への転園も視野に入れているのだが、このまま私がみるというのもありだな、と感じてきている。

 

しかしそれでは収入はあまり見込めない。

 

そんなとき自主保育という保育の仕方を知った。

 

同じ価値観のママ同士で子どもを預かり合い、ある日は子どもたちを保育、またある日は働きに出るという過ごし方を送るそうだ。

 

 

もしくは母子みんな一緒に過ごす!という暮らしもアリかもしれない。

 

既に子連れで働ける高齢者施設はいくつも存在しているし、いくらでもやりようはあるのかもしれない。

 

子ども食堂やりつつ、母子カフェで赤ちゃんとママがランチしたり

 

カフェに森のようちえんが合体して、お客さんであるママたちがランチの間、子どもたちは外で遊ぶのを見ててもらったりするのも、双方にいいかもしれない。

 

 

ママだってたまには子どもと離れてリフレッシュがしたいのだ。

 

でも毎日預けるのはさみしい…

 

そんな葛藤を抱えるママは少なくないと思う。

 

行政にサポートしてもらって進めたい…

 

 

 

 

 

太田に森のようちえんを。そしていずれはデモクラティックスクールを。

山田 ユキ

 

Facebook

 フォローはお気軽に。友達申請はメッセージ付きでお願い致します。