元教員 群馬 こどもの遊び応援隊 山田ユキのブログ

群馬県太田市に自然の遊び場を創ろうと活動しています。森のようちえん じらんぼう立ち上げ、週に1回自然の中で遊ぶことを広めています。

せっかく田んぼで遊べる機会なのに、子どもが遊んでくれない!そんなときは…

先日、高崎市吉井の吉井どろんこ国際バレーボール大会に出場してきました。

本番の吉井どろんこ祭り2017 は、

6月4日午前10時から!

 

⬛どろんこオリンピック

ウナギのつかみ取り
障害物競走
おしり相撲
しろかき走
親子手つなぎ競争 他


⬛どろんここどもランド

ドジョウすくい
どろ絵親子手形
どろんこ滑り台 他

 

どろんこ祭りのプレイベントとして、2週間前の 5月21日にバレーボール大会が催されました。

 

近年は、どろんこ体験をするためにお金を払うという時代になりました。

今回のイベントは、高崎市の地域振興課主催なので参加費無料、申し込み不要です!

ありがたい!

 

子どものためにとどろんこになれる情報を集め、お金を払い、いざ…!!!

 

というときに、子どもから

「汚れたくなーい」「気持ち悪い」と拒否されたら、たまらないですよね。

 

小さい人たちにとっても、普段は服を汚すと怒られるのに今日だけは汚れてこいって言われても…ってなりますよね。

 

そんなときにはどうしたらいいか。

有料イベントなら主催者側がなんとかするかもしれませんが…

 

これに尽きるかと。

f:id:vanchan0118:20170522234544j:image

『まず大人が楽しんじゃう』

 

わかってたよ、との声が聞こえてきそうです。

 

かくいう大人たちもスタートはこんな控え目でした、が
f:id:vanchan0118:20170522234652j:image

 

試合を終えるとこの解放感…✨
f:id:vanchan0118:20170522235228j:image

一番汚いのが私です。

 

友達のご主人からも「え、友達ってあの一番汚い人?」といわれる始末。


f:id:vanchan0118:20170523000119j:image

 試合中のハイタッチもたいへんです。

 


f:id:vanchan0118:20170523010036j:image

私たち緑のシャツを着てるのは、みーんなママ!

ママだってやるときゃやるんだぞ~

私たち、ママの働き方応援隊ですから!

(このチームは入隊してない方が多いけど)
f:id:vanchan0118:20170522234734j:image

 試合後にはここまで汚れました!

後ろに見える青いシートが、シャワーとプール…?のはずの泥水があります。

 

f:id:vanchan0118:20170523004054j:image
髪の毛が一番厄介でしたね。



f:id:vanchan0118:20170523000420j:image
試合後にこのチームの背面ダイブを見ていたら、私もやりたい!となり


f:id:vanchan0118:20170522235302j:image

 いつからか、上にいた人たちを引きずり下ろして泥まみれにする大人たち(笑)


f:id:vanchan0118:20170522235948j:image

 一番汚いのが私です。(本日2度目)


f:id:vanchan0118:20170523000001j:image

たまにこんな一面が見られますw 


f:id:vanchan0118:20170523000038j:image

 麻和もドボン!!


f:id:vanchan0118:20170523000052j:image

 最後にはみんなでダーイブ!ヾ(´∀`*)ノ


f:id:vanchan0118:20170523000059j:image

 泥が耳に入って、お風呂でもとれず、家で耳掻きしていたら出てきた…。

 
f:id:vanchan0118:20170523000137j:image
さすがにアドレナリンの効果がなくなると、元の主婦に戻る(笑)

 

やりたがらない子がいたら、大人が生け贄にとなって、標的になりましょう。

 

泥に率先して入り、他の大人が標的めがけて泥を投げる!

「ベチャ」「ギャー!」

これで便乗してくるお子さんだとありがたい。

 

はじめは手が汚れたり足が汚れるのを気にしていますが、

投げるためには泥を持たないといけない!


f:id:vanchan0118:20170523004956j:image

逃げながら尻もち?!

 

逃げる課程で心が折れない程度にとどめておかないと、最後まで楽しめないかも。

 

無理矢理ではなく、本人の心がその気になるのを待った方が得策でしょう。

 

それが待てなければ、親が率先して泥へ!

 

やってみると、楽しいですよ。

田んぼにいる常在菌で泥デトックスが、できるとかできないとか?

 


f:id:vanchan0118:20170523005322j:image

 

最後に五右衛門風呂に入れたら、最高ですよね。

 

吉井では、牛伏うしぶせドリームセンターの入浴無料券(当日限り有効)をいただき、汚れをお風呂で洗い流すことができました。

 

大人はわりと転ばずに泥の中を進むことができてしまうかもしれませんが、

それでは子どもも汚れないまま。

大人がどろんこになるためには、競争心を利用するといいかもしれませんね!