元教員 群馬 こどもの遊び応援隊 山田ユキのブログ

群馬県太田市に自然の遊び場を創ろうと活動しています。

ねぇねぇ、ロータスバースって聞いたことある?

Facebookでお友達がシェアしていたお写真に衝撃!

 

新生児の赤ちゃんと、胎盤のツーショット!

しかも、へその緒は両方に繋がったままです。

http://courrier.jp/news/archives/54711/

こちらにお写真載ってます。

 

通常の出産では、赤ちゃんが母体から出てきたあと、へその緒は医師またはパパによって、パチンと切られてしまいます。

我が家の長男も、パパにハサミで切ってもらいました。(ふつうの産婦人科です)

 

しかし、今アメリカで流行りつつある?のが、へその緒を切らないで残したまま胎盤も産み落とし、自然にとれるまで待つというロータスバース。

昔の民族はやっていたそうです。ハサミで切る方が、感染症にかかる危険もあって難易度高かったのでしょうね。

 

Facebookのそのお友達は、二人のお子さんを自宅&ロータスバースでご出産されてました。

 

私がまず惹かれたのは、胎盤の豊富な栄養素が赤ちゃんに全部いくのかも?ということ。

 

ふと思い浮かんだ例えがソラマメだったんですが笑

 発芽に必要な栄養(デンプンなど)を種の中に持っているって、中学理科でやったんですよね。

芽が出るときは、自分の栄養だけであとはお水があればよかったんです。肥料は足してやらなくても。

芽が出て、自分の持ってる栄養分を使い果たしたら、今度は土の中にある栄養を取り入れていくんです。光合成で自分で栄養作ることもするしね。

 

赤ちゃんはお腹の中で、胎盤からへその緒を通して栄養をもらっています。出産直後はあまり上手に母乳が飲めませんから、ふつうは一時的に体重が減っていきます。

栄養豊富な胎盤がくっついていたら、そこから栄養がもらえて、体重減少が緩やかになるのかな?と思いました。

(事実はわかりません、仮説です)

栄養豊富な内臓(胎盤)と、赤ちゃんを繋ぐホース(へその緒)のようなイメージ?

 

お腹の中でへその緒が首に絡まって何が困るって、

首が絞まることじゃないんですよね。

へその緒がねじれることが困るんです。

 

長男のときのへその緒が長く、妊娠中からずっと首に2重に巻き付いていたんです。

呼吸はまだしていないので、首が閉まるのは大丈夫。(あんまりきついとそれはよくないだろうけど)

医師からは、長いへその緒がうじゃうじゃ絡まるよりは、どこかにひっかけてあったほうがいいってこともある、と励ましてもらいました。

 

結局首に巻き付いたまま産まれてきましたが、もし出産中にへその緒が出口付近で絡まって絞まったとしたら…即、帝王切開でした。

また回旋異常といって、赤ちゃんは本来回りながら子宮を出てくるのですが、回転が足らなくても帝王切開でした。

お腹を切らずに下から産むって、奇跡の連続でハードルが高いのですよ…

 

とにかく赤ちゃんを信じることしかできないんですよね、母親には。

 

ロータスバースで産んだ赤ちゃんは、胎盤と共に過ごします。重い胎盤は置いたまま、へその緒がだらんとついた赤ちゃんだけを抱っこすることになるので、ちょっと面倒というデメリットもあります。

ブチッととれたら大量出血?!おへその部分が乾いてきてたらそこまででもないのかな。

あまり抱けなくなる心配はありますが、実際に2度経験したお友達からは、『安定してて無駄泣きが少なく、新生児育児が楽でした』とのこと!!

私は一人目の出産後、入院中の夜中が孤独だし夜泣きはひどいしで、相当苦い思い出です。泣かないでいてくれると、大手術した体をまず癒すことに専念できますよね。

 

 

そのへその緒と胎盤、生後1週間もすれば、へそからぽろっとへその緒がとれるので、やっと赤ちゃんだけの体になります。

 

よく桐の箱にへその緒を保管しているケースが多いと思うのですが、私はあれがへその緒の全景なのかとずっと勘違いしていました。

長い長いへその緒を、赤ちゃんに近いところでパチンと切る。その切ったへその緒はだんだんと乾いていき、ある日自然にぽろっと赤ちゃんから剥がれ落ちていくのです。その3㎝あまりのへその緒の末端を保管しているのです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんには、へその緒とへその剥がれそうなジュクジュクの部分を消毒するというお世話もあるんですよ。(消毒しないところも調べたら出てきた!)

 

 

さて、ロータスバースのメリット・デメリットをまとめてみます。

 

【メリット】

・古くからの伝統的なやり方であり、へその緒を切った傷口からの感染症は防げる。

・安定していて無駄泣きが少ないといわれる。

胎盤の栄養を赤ちゃんに送り続けられる。→拍動がないと栄養は送られないと教わりました!

 

【デメリット】

・へその緒と胎盤がついているので抱きにくい。抱くのに神経を使う。

・内臓を外部に放置することになるので、放っておくと腐る。冷却したり、匂わないような工夫をしたりする必要がある。

 

産婦人科では有無を言わさず、胎盤は即座に冷凍されます。

一人目では胎盤を見たいと言いそびれ、カチンコチンの胎盤初顔合わせ

二人目でやっと生の状態でお会いでき、サイズのでかさにびっくり!でも、剥がれないでいてくれてありがたかった。娘に栄養送ってくれてありがとう、という気持ち。

探せば写真あります。ここには載せられないけど。

 

冷凍された胎盤は、なにかに使われているのかと思ったら。

 

廃棄

 

なんですね。専用の廃棄業者が受け取りに来るそうです。ソウダッタノカ…

太田市新田木崎で酵素玄米が食べられる!


f:id:vanchan0118:20170618003117j:image

 

太田市山崎酒造という古くからの酒屋さんがあります。

 

 敷地内にある蔵を利用して、持ちよりランチ会が月に一度開かれています。

 

子ども二人連れて、近所の焼きまんじゅうを手土産に参加してきました。

 

まま・ここっとに『あそびば』として掲載されているので、見たことのある方もいるかな?

 

 
f:id:vanchan0118:20170618004336j:image

 

 

子どもたちは砂場で遊ぶ、井戸水で遊ぶ、ジャングルジムで遊ぶ、とにかく遊んでました。

 

遊びすぎて服を濡らし、勝手に脱いでました(笑)
f:id:vanchan0118:20170618004504j:image

持ちよりランチ会のデザートまでいただく!

しかも三種類のデザート!豪華すぎる。

 

そして敷地内にオレンジ色のケータリングカーが!


f:id:vanchan0118:20170618004636j:image

蔵っCar's(くらっかーず)というお名前で、金曜日を中心にこの場所で出店。

 

なんと

酵素玄米が食べられる!

太田では金山カフェとあとどこで食べられるのかしら?


f:id:vanchan0118:20170618004724j:image

 本日6/18(日)も急遽、出店決定!ランチにいかがですか?


f:id:vanchan0118:20170618004740j:image

 

水だしコーヒーや、食べるジンジャーエールも販売してました!

 

ゴタゴタしていて買えなかったのが残念無念。

 

おにぎりの酵素玄米をひとつ200円から購入でき、お野菜入りのお弁当だと500円から!

 

おにぎりは手で握ると酵素がダメになるとかで、さらにサランラップもダメだそうで、器によそったあとアルミホイルにくるんで渡してくれる徹底ぶり!

 

あー食べたかった。


f:id:vanchan0118:20170618005201j:image

 


f:id:vanchan0118:20170618005212j:image

 

写真は許可を得てFacebookページから拝借。


f:id:vanchan0118:20170618005238j:image

 

蔵とケータリングCarをかけて蔵っCar's!!

 

山崎酒造さんのお店の横の通路を
f:id:vanchan0118:20170618005324j:image

入っていただくとケータリングカーが見えてきます。

 


f:id:vanchan0118:20170618005359j:image

道路にこの看板が立っていたら要チェック!

 

木崎小の南側の大きな交差点のすぐそばです。

 

山崎酒造株式会社

 〒3700321 群馬県 太田市新田木崎町966

0276-56-1241

http://www.yamazaki-shuzo.com/

 

 

蔵っCar's

090-6110-7631

https://www.facebook.com/kuracars.ota/

 

 

 

 

共同養育と一夫多妻制が思わぬところでリンクした

NHKスペシャル『ママたちが非常事態』第2弾は、1日目が思春期、2日目が妻が夫にキレるわけ、でした。

 

どちらも脳の構造から説明できる行動であり、太古の暮らしが起因していました。

 

ほとんどの動物は思春期がなく大人へ移行。

思春期のない人類の祖先の種は滅び、思春期があったホモサピエンスが結果的に繁栄。

 

それは思春期の『チャレンジ精神、リスクある行動に躊躇なく進める』という特徴が、未開の地に進んでいく原動力となりました。

 

思春期は現代は25歳まで続くといわれており、始まりは年々早まっていて12歳頃とも。

 

感情そのものが敏感であり、箸が転げても可笑しい年代であると同時に、怒りや悲しみにも過敏に反応。人の表情を瞬時に感じとり、怒ってる?とすぐ質問することも。

 

理性をきかせる部位は、脳の中で一番最後に発達し、25歳で大人の脳になります。

『これを言ったら傷つくかな』と理性を働かせる前に発言してしまったり、ラインで文章を打って送信してしまったりするのはこのためです。

現代のネットいじめは理性がきかないことで加速しているとみています。

 

理性をきかせる脳の部位の発達が遅いことで、昔の放牧をしていた部族は救われているといいます。若い思春期の男たちが未開の地に赴くときにリスクを恐れず、理性を働かせる前に行動し、住む場所を変えていくことができたのです。

 

現代の思春期はまだまだ子どもとして扱われていますが、この世代に頼ることで新たな世界が開かれるかもしれないと感じました。

思春期は記憶力が爆発的に延びる時期で、伝統を覚えるのに適しているそうです。

 

 

2日目の妻が夫にキレるわけ。よく男性脳・女性脳といわれる脳の違いによるものからきていて、女性は昔から子育てや他の人と共同して過ごしてきたので、他人に共感することを得意としています。

右脳と左脳を交互に情報伝達しながら生活しています。

 

男性はというと、狩りで獲物を捕まえるのが仕事で、感情で行動していると狩りに出られなくなってしまうため、右脳と左脳はほとんど情報伝達していません。

右脳の中だけで情報伝達し、左脳の中だけで情報伝達しています。

狩りに行くのが怖い、という感情があっても、家族のために獲物を捕らえなければという事実があるので、感情とは切り離しているようです。共感はあまり得意としない?

 

また、人類の歴史では一夫一妻制はごく浅く、性感染症などの蔓延で相手を決めるようになったといわれています。

 

一夫多妻制のほうが効率よく子孫を繁栄できたのでしょう。

妊娠期間は十月十日。短くはないですもんね。

多くの女性を妻にしたいと思える、また多くの女性から好かれる男性は出世もする。エネルギーに満ちていて、その遺伝子を多く残した方がより優秀な子孫になる?

 

番組では触れていなかったのですが、一夫多妻制の生活を想像すると、そこは共同養育の場だったのではないかと考えついたのです。

今でこそ夫をとりあう女性たちのような醜い関係性が思いつきますが、昔はひとつ屋根の下で暮らす女性同士、協力して子育てしていたのではないか?と。

 

ママが3人も集まれば、子どもを見ている人、食事を用意する人、夫の相手をする人、と分担できます。

しかも子どもたちが複数集まれば、その中で社会ができて大人の介入はいらなくなります。

森のようちえんもそのような大人の介入がいらない場を目指しています。

 

こう考えると、現代の生活はガラッと変わりすぎ、女性に求める仕事量が増えすぎていると感じます。

 

ただ、イクメンや主夫という言葉が出てきたように、妻よりも家事を得意とする男性が現れているのも現代的と言えるかもしれません。

 

番組では、バリバリ働いている母親と、家事をよくしている父親の男性ホルモンの量を測定していました。結果は…

 

母親は、父親の4倍以上も男性ホルモンの量が多いと判明しました。

女性の社会進出が、男性と女性の逆転現象を引き起こしているようです。

 

女性ホルモンの量が多いと愛情深いといえるようで、医薬品の女性ホルモンを夫婦の鼻に点鼻薬で噴射すると、さっきまでいがみ合っていたのが嘘のように仲良くなった実験がありました。

 

薬に頼らずとも、ある方法で女性ホルモンの値が上昇することがわかりました。

それは…

 

夫婦が向かい合って座り、両手を繋ぎながら会話をする

 

です。実際に夫に呆れ気味だった妻が、これからはうまくやっていけそうだと涙するほど仲良くなれていました。

 

また、無駄遣いで借金を繰り返す夫に愛想をつかしていた妻には、夫のサプライズの花束と手紙で女性ホルモンの値が上昇。そしてそれ以上に、夫の女性ホルモンの値が急上昇していました。

 

普段は気恥ずかしくて言えない感謝の言葉も、手紙を朗読して耳から聞くうちに愛情がわき出てきたのかもしれません。

 

まとまりませんが備忘録として…

あなたは敬語をずっと使う人ですか?すぐに使わなくなる人ですか?

職場と違って、ママという立場で出会う方たちには上下関係がありません。(あってもわかりにくい)あるのはママたち自身の年齢差か、子どもの年齢差。敬語を使わなくなるタイミングって、いつ頃ですか?

 

誰とでもすぐにタメぐちになれる友人

 

初対面の人とでも、すぐに敬語を使わずに会話できる友人がいます。かなり年の差がある場合は別として、大体同じくらいの年齢の人が相手だとすぐに敬語ではなくなります。

会話のはじめから敬語を使っていなかったり、徐々に使わなくなったりするようですが、確実に私よりもタメ口になるのが早く、すぐに打ち解けています。

 

敬語使わなくていいよといわれても抜けない私

 

すぐにタメぐちになれる友人とは異なり、私の場合はなかなか敬語が抜けません。相手に気を遣ってもらい、「敬語でなくていいよ」と言われても抜けない場合があります。

私の場合は、敬語で話すということが標準で、タメぐちで話すのはかなり親密度がアップしたバロメーターなのかもしれません。または、相手を尊敬していて、タメぐちでは失礼だと感じて敬語が抜けないこともあります。

 

 

子どもの人数や年齢差が上下関係になることも?

 

まだ私の子どもがひとりだったとき、ふたり以上お子さんのいるママにはなぜか劣等感のようなものを勝手に感じていました。また、我が子よりも年齢が上のお子さんを持つママにも、同じく劣等感のようなものを感じ、敬語が抜けにくい状況がありました。

 

反対に、ひとり目同士だと育児の悩みもはじめて同士で相談しやすく、タメぐちになるのも早い。

子どもがふたりになった今でも、「お子さんひとり目ですか?」と聞いてしまう自分がいます。

でもそれは、ひとり目のときとは違う理由です。

 

物事を勝ち負けで判断してしまう性質がある

 

私には特に顕著に現れるのですが、勝ちか負けかを無意識に判定してしまうという性質。

この性質が強い人は、マウンティングと呼ばれるような、自分の方が優位であると主張したくなる癖があります。

 

私が初対面の人に「お子さんひとり目ですか?」と聞いてしまうのは、おそらくこのためです。子どもがひとり目のときには、ひとり目同士で対等かどうかを調べたい。子どもがふたり目になった今は、自分は優位なのだろうか?と知っておきたいのだと思います。

 

ただ単純に会話の糸口として、お子さんが何人いるのか質問している場合もあります。

 

敬語が抜けない理由は?

 

私の自己分析だけですが、敬語が抜けないのは相手が勝ち=上だと判断しているから。

すぐに敬語が抜ける友人タイプは、勝ちか負けかにこだわっていないと考えることができます。

(あるいはものすごく勝ちたい欲があって、先に優位に立ちたい?)

 

あくまでも私個人の考えです。

同じだ!という方はいましたか?または、別の理由から敬語を使っているという方もいましたか。

敬語が抜ける抜けないの問題はどうでもいいことなのですが、友人との違いをハッキリと感じて、考察してみたくなりました。

あなたはどちらのタイプですか?

 

 

 

雨が降ってガッカリ、と思っている人必見。雨がありがたく思える場所があるんです。

早いもので、もう6月まであと1日。
6月といえば、これですね。
f:id:vanchan0118:20170530205145j:image
雨、雨、雨…の梅雨。

 

f:id:vanchan0118:20170530205332j:image

たまに降る分には、涼しくていいなぁなんて思える雨ですが、

毎日降られると洗濯物も乾かないし、外で遊べないし、行くところもなくなってきてしまいます。

 


f:id:vanchan0118:20170530205355j:image

先日、小雨が降る中、太田市にある金山カフェにてマザーズコーチングのお話を聞いてきました。

 

f:id:vanchan0118:20170530205905j:image

撮らせていただいてもいいですか?

と思わず聞きたくなってしまう、風景画のような借景…

 

f:id:vanchan0118:20170530205414j:image

 

桜の木には小さなさくらんぼ。 


f:id:vanchan0118:20170530205504j:image

こちらは金山城跡

 

太田駅からさほど離れていないのに、こんなに自然溢れる環境があったなんて。

 

金山には猪が出るとかで、森のようちえん じらんぼうでよく使う金山の森キャンプ場も猪のための罠がしかけられており、今現在テントでの宿泊はできません。

 

小雨だったり、霧雨になったり…な不安定な空模様でしたが、森の中に降る雨はなんと神秘的なのでしょう。

 


f:id:vanchan0118:20170530211510j:image

 

娘が小さくなければ、ずんずん奥へと進んでみたくなる道がたくさんありました。

 

こどもの頃って、長靴を履いて雨ガッパを着る機会ってなかなかなく、わざと晴れの日に着てみたり履いてみたりして怒られた、なんて経験ないでしょうか。

 

学校に上がると否応なく雨の日でも歩いていかなくてはならないので、苦痛になってくるかもしれませんが…

 

 

雨の日の森、カッパと長靴で足を踏み入れてみてください。

 

葉に当たる雨粒の音、シーンと静まり返った森、雨によりいっそう濃く輝いている緑たち…

 

言葉を失います。

 

 

平地で吸う空気とは、まったく違う。

 

 

雨だと出掛けられないな…と思う必要ありません。

 

雨だからこそ、出掛けてみてください。

 

晴れの日には感じられない森があるはずです。

 

 

こどもが自然と自分で起きられるようにする方法とは?


f:id:vanchan0118:20170529220401j:image

今日の息子はなんと朝5時半起きです。

保育園の一時預かりの日だったのですが、

単身赴任先へ戻る夫のお見送りができたみたいです。(私は起きてません)

 

保育園に行く前に、部屋の中で遊び尽くし、

外を散歩する余裕までありました。

 

お昼寝もスムーズにできたのではないでしょうか。

 

どんな方法をとったのか?

 

目覚まし時計ではありません。

夜早く寝ればいいとよく言われますが、それかできれば苦労しません。

寝ろといって眠れる単純な生き物ではないのです。

 

 

でも、起きろというスイッチを入れるのは、部屋の間取りによっては簡単かも?

 

我が家の寝室のカーテンは遮光タイプ。

全く光を通しません。

おかげで閉めきったままだと朝の8時半まで起きないこともありました。

 

朝、自然と起きられるようにする大事なポイントは≪太陽光≫です。

 

私はカーテンを半分開けたまま寝るようにしました。

(防犯上よくないのかしら)

 

寝室に光が入りにくい場合は、ドアを開けて廊下の光が入るようにするなどが考えられます。

 

その効果は絶大。

8時半まで寝ていた息子は5時半起きです。

一緒に起きることの方が難しくなります…

 

朝が早いと、夜も早い。

遅くまで起きていて困る、というご家庭は朝を早めればいいかもしれません。

 

朝が唯一の母の癒しタイム、家事がはかどるタイムの場合は難しいですが…

 

カーテンを開ける、または遮光タイプから光を通すタイプに替えるのもいいかもしれません。

不快な目覚ましの音に起こされるよりも、自然と体が起きる準備をしてくれている気がします。

朝にゆとりがあると、なんだか優雅な気がしませんか?

この葉っぱなーんだ?iitokoと農家の母ちゃんも紹介しています


f:id:vanchan0118:20170525214437j:image

 


f:id:vanchan0118:20170525214454j:image

 

初めて見た葉っぱだけど、聞いたことはあったよ。

 

青汁に入ってるみたい。

 


f:id:vanchan0118:20170525214539j:image

 

答えはケール!

 

固そうに見える葉っぱなんだけど、サラダでそのままパクパク食べられる柔らかさ。

見た目にはクセがありそうだけれどもそんなことはなく、パセリよりもしっとり?してるし、美味しい。

 

私はパセリ好きなんだけどね、ほぼ茎しかないし味も苦手な人いるから、見た目で似ていて比較してみました。

 

 

今回私は高崎市吉井町の農家の母ちゃん会が主催する、「一緒におかずを作る会」に参加してきました。

このケールは参加者である太田市の農家の母ちゃんからの差し入れ。

 

私はどろんこに引き続き、2日後に再びの吉井入りです(笑)

 

おかずを作る会のイベントページの詳細には、こう書かれています。

 

~~~~~~~~~~~~~

小さい子どもがいるお母さん同士で集まって、みんなで夕飯のおかずを作って持って帰りませんか?

あ、ついでにお昼も一緒に作って食べちゃいましょ!

みんなでおしゃべりして、ストレス発散しましょ!!

小さい子どもがいなくても、お料理が苦手でも、参加OKですよ。
助け合いましょう!あなたにもできることがあります。

 

主催の2人も、年少児と0歳児の母ちゃん&0歳児の母ちゃんで、2人とも農家です。

そのときにある自分の家で作った野菜を中心に、何のおかずを作るか決めます。
直前に決まります。

人の料理を見るのって刺激的ですよ〜
一緒にどうですか?

 

■場所:iitoko(高崎市吉井町本郷452-2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

このiitokoいいとこ、という場所も素敵でした。


f:id:vanchan0118:20170525215917j:image

 


f:id:vanchan0118:20170525215938j:image

 



f:id:vanchan0118:20170525220010j:image

 


f:id:vanchan0118:20170525220024j:image

 


f:id:vanchan0118:20170525220049j:image

 

天井の高さにびっくり!!外観からは想像できない空間の広さでした。

 

おもちゃもたっっっくさんあって、遊びきれない我が子たち。

f:id:vanchan0118:20170525222457j:image
画像が縦に直らない…


f:id:vanchan0118:20170525220918j:image

 


f:id:vanchan0118:20170525220934j:image

 これも横に…

 

 大きなビーズクッションや豆椅子まで!


f:id:vanchan0118:20170525221359j:image

 


f:id:vanchan0118:20170525221408j:image

 一軒家を貸し出していて、いろんなワークショップや会合に使えるようです。

 

高崎市がんばるお母さん支援事業として市のホームページにも掲載されています!

市民活動・ボランティアの枠組みでした。

 

宇都宮に   ここからいふ広場  という、これまた一軒家を使った憩いの場があり、私はまだ行ったことはないのですが、いつも気になる講座が目白押し。代表の方は助産師さんで、産後の悩みも相談できるとのこと。

 

太田市にもこういうキッチンつきのレンタルスペースないかな。

ota factoryさんに相談してみようかな?

 

あとは、やはりなければ自分で作る?

 

先日、これまた宇都宮のプチママンという、ママたちのためのcafeを自宅の2階に作った、元幼稚園教諭の方の講座を受けました。

 

今はプチママンアンジェという企画や託児を行う団体へとステップアップされているそうです。

 

 

さてさて、話を農家の母ちゃん会に戻し、

子どもたちは大量のおもちゃで必死に遊んでいる間に、

母ちゃんたちはお料理しながら会話を楽しんでいます。

 

なんてのどかなんだ!!


f:id:vanchan0118:20170525221516j:image

こんな大量の里芋、初めて見た。

主催する農家の母ちゃんからの差し入れなんです。


f:id:vanchan0118:20170525221607j:image


f:id:vanchan0118:20170525221642j:image

 

場所代、材料費等々が込みで1200円。

 

その日に農家さんからどんなお野菜が集まるかで、メニューを考えていきます。

 

参加者が持参するのは、大きめタッパー3つとおにぎり🍙、エプロンのみ。

 

 
f:id:vanchan0118:20170525222733j:image

 

大~きな鍋で里芋を茹でます。

ちゃんと火が通るとするんと剥ける♪

 

f:id:vanchan0118:20170525223114j:image

しいたけ(どんこ)とこんぶのお出汁を使って、里芋の煮っ転がし。


f:id:vanchan0118:20170525223222j:image

これが


f:id:vanchan0118:20170525223300j:image

こうなった♪こちらはお持ち帰り用。

 

お砂糖とお醤油を出汁に入れただけだったかな。

とろみがついているのは、里芋が少し溶けたから。


f:id:vanchan0118:20170525223336j:image

帰りにタッパーで持ち帰ります。家族2、3人分とありましたが、6人分は軽くある量です。

 


f:id:vanchan0118:20170525223441j:image

ゆでたお野菜たちは


f:id:vanchan0118:20170525223516j:image


f:id:vanchan0118:20170525223545j:image

 

すりつぶしたゴマやお砂糖、醤油などと混ぜ合わせて


f:id:vanchan0118:20170525223636j:image

大量のゴマ和え!こちらもお持ち帰り。

 


f:id:vanchan0118:20170525223657j:image

玉ねぎとインゲンマメを炒めて


f:id:vanchan0118:20170525223922j:image

クミンという種も一緒に炒めて


f:id:vanchan0118:20170525223952j:image

右側のお皿のトマト炒め完成。

 

左側がケールのサラダ!

手作りのドレッシングでいただきました。

 塩、酢、オリーブオイルかな?

 

持参したおにぎりと、高野豆腐と玉ねぎのお味噌汁も作っていただき、いただきま~す!

 

f:id:vanchan0118:20170525224601j:image

私はというと、里芋を剥いたのと玉ねぎ切っただけ…すみません!

味付けには自信がなくて、お任せしきりでした。

子守りは任せて!(T_T)

 


f:id:vanchan0118:20170525224816j:image

子どもたちはご飯を食べ終えて遊びながら待つことができ、外食しているのにあり得ないほど穏やかなひととき。

 

しかも、帰ってからお夕飯の仕度もしなくていいなんて…!!!

最高な一日じゃないですか。

 

農家の母ちゃん会はおふたりで運営されていました。だんだんと本業が忙しくなってきた主催者のお一人が辞められることになり、この会でご一緒した参加者のお二人が、6月から主催者側に加わるそうです!

 

おかずをつくってお昼食べて、夕飯まで用意して持ち帰るって、なんて有意義な過ごし方なんだろう。

 

母ちゃんがたくさんいると、料理もバンバン進んでいくし、他の家庭の味付けを学べるチャンス。

私には覚えきれない味付けの数々でしたので(量もかなり多いし)またリベンジさせてほしいなぁ。

 

6月はすでに満員御礼♪

 

 太田でやるには、こうしたらいいんじゃない?のアドバイスも受付中。

行政センターを借りるには、ちょっと難しいかもしれないと友達に教わりました。

参加費をとるのが営利目的と判断されるとアウトだそうで、市民活動としてでないとだめだとか。

難しいっす…

 

やっぱり、民間である程度融通のきくレンタルスペースがいいのかなぁ?