元教員 群馬 こどもの遊び応援隊 山田ユキのブログ

群馬県太田市に自然の遊び場を創ろうと活動しています。森のようちえん じらんぼう立ち上げ、週に1回自然の中で遊ぶことを広めています。

マニアックなキャンプ場【蛇石キャンプ場】この夏は長野県でキャンプをしませんか?おしゃれな自然派カフェもご紹介

だいぶマニアックなキャンプ場に泊まってきました。 全国に無料キャンプ場がかなりあるんですね!知らなかった。

f:id:vanchan0118:20170730125300j:plain

蛇石キャンプ場 へびいしって読んでましたが、じゃいしが正解。

長野県上伊那郡辰野町横川50

お問合せ:辰野町役場 0266-41-1111

蛇石キャンプ場は、この蛇石のすぐ横にあり、簡易水洗トイレと2ヶ所の炊事場が整備されています。

予約は不要で、どなたでも無料で利用できますが、場所が限られていますので 多くの方が利用できるよう譲り合ってご利用ください。

f:id:vanchan0118:20170730125316j:plain

これがその蛇石です。本物の蛇のような質感!!想像を上回っていてびっくり!

f:id:vanchan0118:20170730125351j:plain

私たちは炊事場の裏に屋根つきのスペースが空いていたので、そちらにテントを立てました。 雨が降っても慌てなくていいし、朝つゆでテントがびしょびしょということもなく快適だったのです。 が。

f:id:vanchan0118:20170730125430j:plain

f:id:vanchan0118:20170730185303j:plain

駐車場からはこの細い橋を渡る必要があり、しかも腐ってぐにゃぐにゃしているところも。 台車を買ったけどタイヤは溝にはまるし、何往復もするのが不便でした(^_^;) 夜のキャンプ場は街灯もなく、漆黒の闇!おかげで満天の星空が見られましたが、夜のトイレは危険…。酔っぱらって落ちた人は絶対いると思うw

f:id:vanchan0118:20170730183932j:plain

懐中電灯は必須です!

f:id:vanchan0118:20170730184332j:plain

お風呂は近くの施設へ。

かやぶきの館

長野県上伊那郡辰野町横川2766

0266-44-8888

宿泊もできるそうです。 入浴料は400円とリーズナブル♪

f:id:vanchan0118:20170730184432j:plain

夜の食材を求めて下界におりていくと、すてきな看板に惹かれてふらっと!

f:id:vanchan0118:20170730204512j:plain

農民家ふぇ あずかぼ

長野県上伊那郡辰野町上島758

090-1203-1006

4月末にオープンしたばかりのカフェ兼お菓子・パン屋さん。

f:id:vanchan0118:20170730184553j:plain

アレルギーのあるお子さんも一緒にキャンプしてたので、こういうお店は助かる~♪ 朝ごはんのパンを2日続けてこちらで購入 。

f:id:vanchan0118:20170730184724j:plain

f:id:vanchan0118:20170730184939j:plain

無農薬のお野菜も少し販売していて、ズッキーニとミニトマト、白いニンジンもゲット!

f:id:vanchan0118:20170730184824j:plain

私がコーヒー飲んでる間、遊んでる子ら。

f:id:vanchan0118:20170730185007j:plain

なんだ?と思ったら

f:id:vanchan0118:20170730185034j:plain

種の交換スペース、種の引き出し。 持っていってもいいし、持ってきてもいい。 すごーい。

f:id:vanchan0118:20170730185717j:plain

近所では帰省中の子どもたち。ふつうにカニがいるし、ドジョウもいる!いいなぁ~

f:id:vanchan0118:20170730185814j:plain

車を40分走らせると、諏訪湖。 夏場は毎日8時半から15分間花火が上がっているそうで、ホテルの浴衣の人たちが見物。 諏訪湖の周りがけっこう栄えていてびっくり!泊まりたかったな♪

f:id:vanchan0118:20170730185942j:plain

f:id:vanchan0118:20170730190011j:plain

撮影に夢中になるあまり、肉眼でほとんど見なかった(笑)

f:id:vanchan0118:20170730190109j:plain

帰りにたまたま発見したのが、またも自然派カフェ。

こういう雰囲気のお店に敏感になってきましたw

f:id:vanchan0118:20170730190154j:plain このはなや

長野県上伊那郡辰野町小野960

0266-46-3022

f:id:vanchan0118:20170730190238j:plain

かわいい♡

f:id:vanchan0118:20170730190302j:plain

だいぶ見慣れた景色になってきた、こういう陳列棚。

f:id:vanchan0118:20170730190341j:plain

娘が昼寝してたので食事はしませんでしたが、お餅やお菓子を購入♪

f:id:vanchan0118:20170730190434j:plain

f:id:vanchan0118:20170730191621j:plain

f:id:vanchan0118:20170730191647j:plain

うぉぉ!!!森のようちえんや、自主保育のチラシが置いてある!! 早速、もらってきました。 いろんなとこで情報ゲットできるんだなぁ!ここのお店にもあずかぼのチラシ置いてあったし、自主保育と自然派ってやっぱり同じような人たちが興味あるんだなぁ♪私は自然派ではないんだけどねw

群馬からは高速使って3時間ほど。 佐久あたりからは下道でもいかも! 高崎玉村ー佐久で1500円くらいの高速代だったかと思います。 佐久からまだ長いけれど、あの自然たっぷりにはたまげた!

そして、涼しい!! 現地の人たちは、これでもじめじめして暑いとのことですが、いやいやいや。群馬の平野部とは比べ物になりませんよ。

ぜひ自然を求めて長野へ足を伸ばしてみてください♪ 運転もみんなのんびりで、登坂車線をみんな走るのに驚いた…。w

単身赴任のメリット・デメリット

3年間、我が家のパパは平日のみ単身赴任でした。 土日は家に帰ってきて、月曜の朝早くに出掛け、金曜の夜遅くに帰ってくる―

そんな生活をしていました。 下の子が生まれたのは2年半前。 妊娠中に単身赴任になり、臨月に上の子が川崎病で5日間入院し、下の子が生まれたときも出張中でした。

夜中に産気付くものの、出張は電車で移動していて、終電もとうに終わっていて帰ってこられず。生まれたのは朝だったので、朝イチの電車でなんとか産声を聞くところまでは帰ってこられたのです。

分娩室に入るまでは間に合わなかった。

二人育児に突入してからは、産後半年まで、毎日実母にお風呂のときだけ助けに来てもらっていました。 季節は冬。脱衣場を暖房機で暖めていても、お風呂上がりは冷える。首の座らない赤ちゃんをお風呂にいれるって、ママはほとんどゆったりできない。 それに加えて上の子も洗い、拭いて、保湿して、着替えさせてって…やること多すぎて大変!!

脱衣場で赤ちゃんを受け取って着替えさせてくれる人がいるって、すっごい助かる。

上の子は週1回だけプレ幼稚園で預けることができ、(当時2歳)あとは母子三人ずーっと一緒。

これぞ、ワンオペ育児ですね。

1週間ぶりに帰ってきた夫とは、さぞ仲良くやれたかと思いきや…

お互いにつらさを主張しあって、ちょくちょく喧嘩。 何度、『何のために帰ってきてんのよ!!!!!』とキレたことか。 帰ってくるたびにストレス溜まるので、いっそのこと帰ってこなくていいよと本気で思ってた。

夫も夫で、子供に会えない寂しさや仕事のつらさを抱えていたんですよね。 わかっちゃいるけどこっちだってしんどいんだわ…という。

単身赴任のメリットデメリット考えてみました。

【単身赴任のメリット】 ・夫の夕食を用意しなくていい。 (朝食は普段から用意しない) ・夫の都合を確認しなくとも、夜ご飯を好きなところで食べ、お泊まりも自由。 ・ベッドを広く使える

・毎日夫が何時に帰ってくるのか気にかけなくていい。(用がないと連絡を取り合わない私たち。)

【単身赴任のデメリット】 ・家事育児をすべてやり、一人の時間がとりにくく、いつもひとりでお風呂に入ってひとりで寝ている夫が憎たらしい ・こんなにやってるのに!!とお互いにつらさ自慢をして、喧嘩が増える ・単身赴任手当てがつくし、残業代もかなりついたはずだが、アパート代や外食代、交通費など出費もかなり多い。 (通勤手当てはアパートからの分しか出ないので、週末帰ってくるたびに交通費自腹) ・子どもからの『パパいつ帰ってくるん?』がけっこうきつい。 ・お酒を飲むときに、何かあったら親かタクシーかな…と少し覚悟がいる ・ゴミ捨て場が遠いので、地味にめんどくさい。(普段は夫の担当)

夫の帰宅が遅いワンオペ育児とさほど変わらない?!

目に見えないけど、心理的に安心感の面では大きく違いがあるんだろうな~

でも平日、夫のこと考えなくて済むのはラクだったこともたしか。

子どもが大きくなってから単身赴任してくれればよかったのに😡⚡という主張と、年とってから単身赴任して夜遅くまで体力勝負な仕事すんのやだよ😡⚡の主張とがぶつかり合い。

次に単身赴任になるとしたら、家族みんなで行くことも考えてます。もう私仕事やめたし(笑)(笑)

毎月1冊無料フォトブック『nohana(ノハナ)』のご紹介

f:id:vanchan0118:20170724231127j:plain

以前、家族間での写真共有サービスをご紹介しました。 『みてね』

こちらは、子どもの動画や写真などを家族限定で公開するアプリです。 FacebookなどのSNSでは、不特定多数の人が見られることが特徴的ですが、こちらは家族以外には非公開。なおかつデータのバックアップにもなります。 コメントも簡単に残せて、複数人のアルバムを閲覧できます。

私の場合は、自分の子どもたちのアルバムの他に、実弟の子ども(姪っこ)のアルバムもあり、かわいい赤ちゃんの写真に日々癒されています。

アルバムごとに閲覧者を指定でき、我が家のアルバムは実家と義実家が閲覧でき、弟たちのアルバムを義実家が見られるということはありません。

私がほぼ毎日利用しているのは、この『みてね』。

そして毎月1回利用しているのは、今回ご紹介する『ノハナ』です。

f:id:vanchan0118:20170724231214j:plain

ソファーカバーの間に入らないで(゜ロ゜)

子どもたちの写真を載せたミニアルバムを、アプリで簡単に作ることができます。 必要経費はアルバムの送料代216円だけ!

こんなに安くアルバムを作れるところがあるでしょうか?

写真は20枚載せることができ、コメントも入れられます。

f:id:vanchan0118:20170725000842j:plain

縦の写真と横の写真で、文字がどのように入るのかご覧いただけます。

f:id:vanchan0118:20170725001140j:plain

息子2才の誕生日。

2年半前のものです。その前のページにこんなものが載ってました。

f:id:vanchan0118:20170725001228j:plain

息子が入院したときの写真です。 2歳の誕生日は病室で迎えたのです。 そして私は臨月ww

入院生活しんどかったー。

この話はまた後日したいと思います。

ノハナは表紙にも1枚写真を入れられるので、全部で21枚でしたね!

f:id:vanchan0118:20170725001423j:plain

専用のケースも販売しています。

フォトブックケース 324円。 キャンペーンで半額のときがあるので、162円で購入しました。

f:id:vanchan0118:20170725001702j:plain

f:id:vanchan0118:20170725001709j:plain

組み立てるとこんなかたちに f:id:vanchan0118:20170725001713j:plain

f:id:vanchan0118:20170725001723j:plain

8冊収納できます。

息子が1歳を過ぎてからこのアプリが生まれたので、途中からスタート。 二人目も視野に入れて、タイトルは名前要りにすればよかった… 【○歳△ヶ月】というタイトルにしてしまいました。

二人目は間違えないように、 【なまえ ○歳△ヶ月】としています。

私のスマホから一冊無料なので、どうやって兄妹2冊作っているかというと、夫に注文してもらっています。

作るのは私しかできません。

f:id:vanchan0118:20170725003410j:plain

こちらのグループメンバーに夫を追加すると、注文だけはできる仕様でした。 編集はできなかった…夫にもやらせようと思ったのに。。この毎月の努力を感じてほしかった

f:id:vanchan0118:20170725003246j:plain

右下の緑の【+】マークを押して、好きな写真をアップロードします。

アプリで加工していなければ、基本的には写真の日付が表示されるので、私は日付順に並び替えています。

子どもに限らず、動物の写真集、旅行の写真集、食べ物の写真集など、使い方はいろいろ!

お試しあれ!

大人が率先して遊び倒した、森のようちえんじらんぼうの田んぼ開催


f:id:vanchan0118:20170720233026j:image

ビーチフラッグならぬ、旗忘れたためにうちわを取り合っています(笑)

コンテストに出したい写真!

 


f:id:vanchan0118:20170720233137j:image

 

これ後ろのお姉さまが気になってアップできないかと思ってたけど、ご自身でお披露目されてたのであげます(笑)

 


f:id:vanchan0118:20170720233255j:image

 

これが田んぼのど真ん中って忘れそうな笑顔。ママの上に避難(笑)

 


f:id:vanchan0118:20170720233357j:image

 野外教育のプロもまさかのダイブ!!!!!

 子守り要員で来たはずが、あれ?水着じゃん?田んぼに誘うよねw


f:id:vanchan0118:20170720233516j:image

 みんな楽しそうだな~♡


f:id:vanchan0118:20170720233711j:image

泥にまみれて遊んでる母ちゃんを見て号泣の娘ちゃん。

いつものママじゃなかった? 

真剣に遊ぶオトナもいいでしょ♪


f:id:vanchan0118:20170720233923j:image

上毛新聞の記者さんが取材に来てくれて、一斉に田んぼに入るオトナたち!

新聞に載るチャンスだ~♪

 

新聞掲載の許可をまだ得てないので控えますが、カラーで載りました♡

 

Facebookで大好評のこちらも…

f:id:vanchan0118:20170720234147j:image

 撮影しながら「怖いよ!」って言ってたら、あとで写真見たご本人も怖いと感じて、なんとこの表情でシリーズ化(笑)

 

吉川麻和さんFacebookのイモトです♪

 

あれ、山田は田んぼに入ってないやんけ、ってお気づきでした?

 

 

今までのは田んぼ2日目の写真たち(撮影:山田)

 

実は1日目の田んぼの片付けで、足を負傷しました(笑)

3日経って、痛みは増すばかり。足を地に着くのが怖いです((((;゜Д゜)))

化膿してるもよう。抗生剤もらってきました。

 

原因は、濡れた足でビーチサンダル履くと滑って危険だったので、裸足でアスファルトを走ったから。どっちもどっちでダメでした(笑)

 

1日目の私の様子を、参加者のみなさんが素敵に撮影してくれていたのでご紹介♡

 

 
f:id:vanchan0118:20170720235720j:image

全身 紫が私です。

まだ紫色してる。雪合戦ならぬ泥合戦。

 


f:id:vanchan0118:20170720235822j:image

 

ちょっと汚れてきました。

 


f:id:vanchan0118:20170720235845j:image

 

だんだんきましたね

 


f:id:vanchan0118:20170721000006j:image

 

ソリレース真剣です

 


f:id:vanchan0118:20170721000030j:image

 

めっちゃ楽しそうだな!これお気に入り!

 


f:id:vanchan0118:20170721000056j:image

 

みんなで宝探し

 


f:id:vanchan0118:20170721000126j:image

おーっ、やってるやってる!

 


f:id:vanchan0118:20170721000151j:image

チーン…

頭に泥団子2連チャンで乗せられる…

 


f:id:vanchan0118:20170721000240j:image

吹っ切れた!!どろんこダイブしようぜ!!!

 


f:id:vanchan0118:20170721000306j:image

もういっちょ!!!!


f:id:vanchan0118:20170721000324j:image

やだーって断られる…

 


f:id:vanchan0118:20170721000343j:image

いこー!!!

 

最後の泥だらけの私、撮ってもらえばよかった(笑)

あそび尽くした!!!!!

 

 

2日目の私はこんな


f:id:vanchan0118:20170721000532j:image

だったけど、1日目に使い果たしたのよ。。

 

なんか麻和ばっかり泥まみれになってるみたいで、ちょっぴり悔しくなっちゃったどんちゃんでした(笑)

森のようちえん じらんぼう。明日、新聞に載ります!

昨日、今日と≪田んぼでどろんこになって遊ぼう≫を企画運営しました!


f:id:vanchan0118:20170718201740j:image


f:id:vanchan0118:20170718204413j:image

 

もともと、この田んぼは私の同級生のお父さんの所有。ワンちゃんのお散歩中だったおじさんに田んぼで遊びたいとお願いし、実現しました。

田植えが一段落したころに、休耕田を耕して水を張ってくれました。

 

田んぼ当日、カッコいいどでかい車に乗ったおじさまがスイーッと横を通り、『何やってんの?』と。

質問されたあゆちゃんが答えてくれて、しばらくすると、トラクターで登場!

通り道とテントを張るエリアを草刈りしてくれました。

それだけではありません!

泥で汚れた体を洗う水道が近くになかったので、そのおじさまがお店まで車を走らせ、30mのホースを買ってきてくれたのです!!!!!(感涙)

 

おじさまのお宅は田んぼからすぐのところ。

おじさまに借りられなかったら、暑い日差しの中をテクテク歩いて、遠くの水道まで行かなくてはならなかったのです。

 

わざわざ私たちのためにそこまでしてくれるなんて!!!と初日に感動していたら、なんと2日目も!

 


f:id:vanchan0118:20170718211346j:image

なんだと思います?

 

 

なんと、高所作業の機械を運んできてくれて、高いところから撮影させてもらっちゃいました!!!!

 


f:id:vanchan0118:20170718211449j:image

見てーこの景色!

 


f:id:vanchan0118:20170718211538j:image

 

おっと、わき毛じゃなくて。

 


f:id:vanchan0118:20170718211616j:image

 

広角レンズで撮ってみましたー!ひゃー!!ここは北海道ですか?!みたいな!

 

群馬県太田市ですよ!

 


f:id:vanchan0118:20170718211713j:image

 

凄くないですか♡興奮ですよ!

こんな体験させてもらえるだなんて。

機転を利かせてくださったおじさま、大感謝でございます!!

 

さて、そんな田んぼの様子を上毛新聞の記者さんが取材に来てくださいました!

 

明日19日の上毛新聞に載ると連絡がありました!

プレスかけてみてよかった!!

 

みなさま、上毛新聞買いにいきましょーう♡

 

森のようちえん じらんぼうの開催情報をゲットするには…

下記リンクをクリックするか、LINE、LINE@から"@syx9312p"をID(@マーク含む)で検索して友だちに追加してください。
https://line.me/R/ti/p/%40syx9312p

 

または、Facebookページにいいね!をしていただくと、イベントページがありますのでそちらを参考にしてください。

森のようちえん じらんぼう

 

ちなみに、私山田ゆき へのFacebookお友だち申請も随時受付しております。

怪しくない限りはすべて承認しています。

お気軽にどうぞ。

申請を許可されなかった場合は、ごめんなさい…

宇都宮市の自主保育団体「風の子そよそよ」見学してきました


f:id:vanchan0118:20170716231328j:image
雨が降りそうな天気だったので、一眼レフを持ち歩くのは断念…

車の中に置いてきたので、今日はオールスマホの写真です。

ね、ボケボケでしょ、アイフォンのカメラ機能は素敵なのに、このスマホはしょぼい…

 

さて、ボケ写真ですが森のようすはお伝えできるかなと思いますので御覧ください。

宇都宮市で今年から活動を開始した、自主保育グループの「風の子そよそよ」さん。

見学の申し込みをして、快く受け入れてくださいました。感謝♡


f:id:vanchan0118:20170716230153j:image

 活動のはじめは、出席のスタンプ。紙に活動日が書いてあり、そこにスタンプを自分で押します。

 

お歌を歌って、気持ちを一つに!そこまでは送迎のお母さんたちも一緒。


f:id:vanchan0118:20170716230242j:image

 この日は、宇都宮競輪場の目の前にある戸祭山登山でした。ほんとに住宅地の中にある山で、でも自然たっぷり!!

最近一般の方が入れるようになったばかりの場所だとか。

 
f:id:vanchan0118:20170716230257j:image
駐車場から山へ入るところで、お母さんたちとお別れです。

この日は、「おかあさ~ん」と泣いてしまう子も。

離れるのは寂しいよね。お昼食べたらきっと迎えに来てくれるよ、と保育士さんや当番のお母さんが励まします。

 


f:id:vanchan0118:20170716230333j:image

うちの娘も、山に入るときは必ず?泣いてます。なんなんでしょう…

抱っこ~~~と甘えています。

中盤からはズンズン歩けるんですけどね。 


f:id:vanchan0118:20170716230355j:image

 先頭をいくのは保育士さん。

風そよさんは3名の保育士さんが分担して当番に入り、

また預けているお母さんもまた分担して入る。常にふたり体制なのかな?で預かりを行っています。

3、4、5歳が5名ずつの定員で、今は5歳児が不在で3、4歳が4人といっていたかな?

火曜日は2歳児も行ける日で、もっと人数がいるようです。

どこもそうですね、幼稚園保育園に入る前のお子さんが多く、その後はどこかの園に入ってしまう。

来年は風そよさん大人数なのかも!?羨ましい♡

 


f:id:vanchan0118:20170716230416j:image

息子は保育園でも森に行ける機会があるので、実は2日連続の森(笑) 

とくに疲れた様子もなく、歩いてくれています。

 
f:id:vanchan0118:20170716230430j:image
サンショウウオがいるとかで、でもイノシシはいないそう。

いいなぁ。

 


f:id:vanchan0118:20170716230506j:image

 沼?池?に大量のザリガニがいたのですが、長靴をみんな履いていないので近づくことができず、側溝のほうにもザリガニいるかな?と覗きにきました。

ここにはいませんでしたね、ちょっと水分補給です。


f:id:vanchan0118:20170716230529j:image

 足の長いクモを捕まえています。みんなは「あしながおじさん」と呼んでいました。

 


f:id:vanchan0118:20170716230610j:image

大きなキノコが生えていたので、みんなで感触を確かめています。

踏んでみると柔らか~い

 


f:id:vanchan0118:20170716230633j:image

シダの葉の裏をみてごらん、と声をかけたところ。

 
f:id:vanchan0118:20170716230709j:image

 葉をめくると…
f:id:vanchan0118:20170716230643j:image

 つぶつぶ(胞子)がいっぱい!!気持ち悪いね!

でも何度も見ちゃうよね。


f:id:vanchan0118:20170716230920j:image

 カラスのはね?闘ったあとのような羽が…

そばには鳩?らしき羽も。頭蓋骨とくちばしのようなものも残っていました。

THE自然!!!


f:id:vanchan0118:20170716231221j:image

 え!!お水の上にトンボが死んでる!?


f:id:vanchan0118:20170716231312j:image

 そばには抜け殻。大きい!!!

 


f:id:vanchan0118:20170716231328j:image

 風そよさんの代表の方が今日はたまたま当番の日で、オニヤンマを救出!

みんなで助かるのか見ています。

どうやら、羽化の直後に落ちてしまい、飛び立てなかったよう。


f:id:vanchan0118:20170716231359j:image

 すっかり息子もまざっています。

オニヤンマは7年くらい幼虫なんだっけ!?と保育士さん。

帰ってきてから調べてみたら、5年の幼虫期間だそうです。

その間に10回ほど脱皮を繰り返し、大きくなってやっとトンボに。

でも生きていられるのは1~2ヶ月。

昆虫の人生って、人間からするとはかないと思ってしまいますが

昆虫には昆虫の時間が流れていて、その時間精一杯生きているんだよな~なんてたまに思うことがあります。セミもカブトムシもそうだしね…


f:id:vanchan0118:20170716231414j:image

 すっかりぐずりの消えた娘。森を楽しんでいます。


f:id:vanchan0118:20170716231440j:image

 トウキョウサンショウウオの卵を発見!!三日月の形をしている、授乳クッションみたいなものが卵の集合体です。


f:id:vanchan0118:20170716231608j:image

 曇っていた空から太陽が顔を覗かせ、森に光が差し込んで幻想的な光景が


f:id:vanchan0118:20170716231625j:image

 お昼は東屋のそばで!遅い私達を迎えにきてくれました。

娘が葉っぱをちぎっては手に握りしめ、それを歩きながらその都度やっているものだから、全然進めない!

2歳児なりの森の楽しみ方なのですね。


f:id:vanchan0118:20170716231646j:image

 手を洗ってお昼の支度!ペットボトル1本のお水だけで手が洗えるのか~


f:id:vanchan0118:20170716231708j:image

 絵本を読んでもらっています。


f:id:vanchan0118:20170716231727j:image

 お昼を食べたら、自分でお片付けをして、折り紙の時間!

紙飛行機を作ってとばしたり、コップを作ってBB弾を拾って集めたり。

思い思いに森を楽しみます。


f:id:vanchan0118:20170716231747j:image

息子たちの通う保育園でも、体を思いっきり動かしたあとは集中できるんですよ、と教わってきました。静と動、どちらも大事ですね。


f:id:vanchan0118:20170716231801j:image

雷の音が近づいてきたので、猛ダッシュで駐車場まで降りてきて、お母さんたちが迎えに来てくれるまでは工作の時間。

クレヨンで絵を書いたり、はさみで折り紙を切ったり。

うちの兄妹は外の水道で水浴び…(汗)

汗をかいて着替えたばかりの服をびしょびしょにしていました。

ま…このあと1時間以上また高速に乗るので、存分に遊んで疲れてもらいました。

 

で、私。森で疲れすぎて、ろくに見学中お話できず!!!!!

なにやっとんねん~~~です。

でも疲れたんだもん…しかたない。

森でどのように過ごしているのか、保育士さんと当番さんの関わり方は見てこられたかな!?と思います。

 

それを太田でどのように使っていくか。

やっぱり、金山の環境はいいなぁと再確認。

藪塚のほうにも山はあるので、どこかで子どもたちの活動を認めてくれる地主さん、または行政はいないかのう。

とりあえず活動を続けていって、土地を貸してくれるような信頼を獲得するまで突っ走るのみ!?

明日、というかすでに今日は、田んぼじゃー!

どろんこになるぞー!カメラマンもやりたいぞー!

どうなることやら。

アンガーマネジメント講習は夫婦の関係修復にも繋がる!?

ライター講座で知り合った齋藤由起子さん。

f:id:vanchan0118:20170712093416j:plain

 

 

f:id:vanchan0118:20170712105629j:plain


コミュニケーション、マナーなどを伝える講師さんで、今話題の《アンガーマネジメント》のインストラクターさんでもあるそうです。

 

お誘いいただいたので、アンガーマネジメント入門講座を受講してみました。

 

 

f:id:vanchan0118:20170712102319j:plain

 怒りは二次感情で、‘‘一次感情をまず伝える‘‘と考えることが大爆発を防ぐコツだと教わりました。

 

一次感情って、たとえば「困ってる」「こわい」「寂しい」「つらい」「眠い」とかの生理的欲求に近いものと認識(間違ってたらごめんなさい)

 

このアンガーマネジメント入門講座を受ける前に、別のところであるご指摘を受けていました。

私って、ものすごく現状をツラツラト話すくせに、そこに感情が載ってない。

ハッ!としました。

 

今の私は困ってるの?寂しいの?つらいの?

感情が見えていなかったんです。それからは感情を意識するようにしてみるものの、なんかよくわからない。感情にふたをする癖がついてしまっているのかもしれません。

 

教員は自分のことより目の前の生徒を優先させちゃう癖がついているのよ、と元教員の方からも助言をいただいていました。

自分を優先させるなんて、タブーなくらいに思っちゃう。

 

そんなとき、かさこ塾のいけけいさんの記事がお祭り騒ぎになっているとのことでさっそく見に行ってきた。

 

ameblo.jp

 

からの、

ameblo.jp

 

この記事に目が奪われ

ameblo.jp

 

 子宮委員長はるちゃんのご主人のブログまでたどり着きました。

夫婦関係にも、一次感情を先に述べよとおっしゃられています。

どうしてみんな一次感情伝えるのへたなのかな?

そういうのって口に出すと、単細胞に思われそうだから?

 

いけけいさんのお祭り騒ぎのブログ記事に出てくる「オバさん」も、うまく一次感情伝えているんですよね。

 

困ってるではなく、「どうしよう…うるうる」ですけど。

これ、うまく使えたら人生変わるだろうなぁ。

 

お腹がすく、すかないに関わらず、ごはんは7時、12時、7時に食べるもの!みたいな固定観念ないですか?

お風呂は毎日入らければならないもの!って固定観念ないですか?

 

小さいころにしつけられて、それが抜けづらいんですよね。三つ子の魂百までもじゃないけど。

 

お腹すいた!じゃあ食べよう。

 

汗かいて気持ち悪い!じゃあお風呂入ろう。

 

じゃないんですもんね、日常生活。時間に縛られて生活している。

 

他にも『へー!!!』って思ったことを少し紹介。

怒りの原因が何なのかという話の中で、自分はこれは許せないというかイラッとしちゃうことを数人で話し合いました。

 

私はね、運転中の話をしました。

右折専用車線のない一本道で、前の車が右折しようとするとき。

左側に少し余裕があるないにかかわらず、‘‘右に寄って右折待ちをしてほしい‘‘んです。

どうでもいいんですけど!笑

 

後ろの車の邪魔をしてごめんね、って気持ちを込めて

抜けるなら左から抜いてくださいね、って気持ちを込めて

これって交通ルールには反しているのかな。私はいつも右側に寄って対向車の途切れるときを待つんです。

 

この時点で周囲に意識がいきすぎて、気を遣いすぎなのかな。

他の方の‘‘ここは譲れない‘‘も聞いていくと、おもしろい!同じ~!というのから、へえ?というものまで。

 

ある方はね、会議開始30分前に部屋に入ってこられるのはNGなんだそう。

会議の準備をするのに邪魔になるじゃないと。

かさこさんも、早めに部屋に入られるのは好きじゃなかったなと思いだされた。

 

私なんかは先についておしゃべりしていたいななんて思ってしまうんです。

遅刻は怖いので早め早めに動きたくて。

 

そのNGラインを超えると人はイラッてきて、怒ってしまう。

そのラインの一個前に、「せめて」のラインを設けることを学びました。

あんまり言っちゃうとネタバレしてしまうのでここまで…

 

参考になりそう!という方はぜひ受けてみてくださいね。

 

f:id:vanchan0118:20170712105629j:plain

 さらにキッズ向けのアンガーマネジメントの講習もあります。

子どもと触れ合う職業の方たちにはぜひとも学んでもらいたい、と由起子さん。

f:id:vanchan0118:20170712105615j:plain

 インストラクターの資格はいらないわ、という方は2万円ほど。

どうせなら資格ももらってこれからの活動に生かしたい、という方はさらに登録料がかかるしくみのようです。

毎年更新なのかな?詳しくは由起子さんまで!