読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元教員 群馬 こどもの遊び応援隊 山田ユキのブログ

群馬県太田市に自然の遊び場を創ろうと活動しています。

親も子もストレスなく、お絵描きを楽しむ方法 ✳追記あり


f:id:vanchan0118:20170313210657j:image

我が家のパパは平日のみ、単身赴任。

土日は帰ってきます。

 

つまり、平日のお風呂も夕飯も寝かしつけも全部ママが担当。

 

そんな中、お風呂場で活躍してくれるおもちゃをご紹介します。

 

子どもがもくもくと遊んでいてくれるので、その間ゆっくり体や髪の毛を洗うことができます

 

買ったのはお風呂用のクレヨン。

 

おもちゃ屋さんで見る700円って、なぜか安く見えてしまう不思議🌟

 

これを買うぞ!というつもりもなく、おまけで買ったのですが、これがいい!

 


f:id:vanchan0118:20170313211237j:image

 

お湯をさっとかけると、ほぼ消えます。

 

濃く書いてあって残ってしまった部分は、スポンジでさっと拭くだけで消えます。

 


f:id:vanchan0118:20170313211348j:image

 

大きなキャンバスにのびのび描くことって大事なのだそうですが、

 

そこまで大きな紙を用意するのは大変。

 

その点、お風呂場は壁一面がキャンバス!

 

白い壁がお風呂にあるおうちはラッキー!

 

お風呂用のクレヨンを購入すればすぐ描けます。

 

床やテーブルにはみ出る心配もゼロ!

 

親子ともにストレスのない空間。


f:id:vanchan0118:20170313211534j:image

 

肩まで浸かるのは少し難しいですが、半身浴にはもってこい。

 

絵を描くのが好きな子はしばらく集中してくれます。

 

我が家はコンビニで買った、コーヒーのプラスチックの容器に立ててしまっています。

 

他のおもちゃと混ぜてしまうと、汚れそうで別にしました。

 

クレヨンはお湯に溶けるので、濡れる場所に置いておかないほうがいいかも。

 


f:id:vanchan0118:20170313212147j:image

 

2歳の娘も何やら描いて説明してくれています。

 

全然わからないけれど。(笑)

 

幼稚園を不登校になってから、ようやく絵が描けるようになった4歳の長男。

 

 詳しくはこちら


f:id:vanchan0118:20170313211534j:image

 

今日は家族4人だけでなく、はじめて遠くに住む義父母のことまで描いてくれました。

 

顔と顔を線で繋ぎ、『線路で繋がってるんだよ』と言っています。

 

新幹線好きな息子の発想。

 

自分の描きたいと思ったことを、話しながら描いてくれる姿に、母は安堵しています。

 

幼稚園に通っていた頃は、ぐじゃぐじゃの線か、習ってきた数字を書く…。

 

誇らしげで、はじめはスゴイスゴイと誉めていましたが、

 

今は文字や数字よりももっと大事なことがあるだろうと考えるようになり、

 

早期教育には反対の立場になりつつあるので嬉しくない。

 

本人が学びたいと思ったときに学んで書いてくれるのを待ちたいなーと思っています。

 

でもパパが文字を教え込んでたけどね…。

 

お風呂クレヨン、面白いですよ!

 

 

ただし、一度濡れてしまった壁にはあまり描けません。

 

一番風呂がおすすめ。

 

*******追記*******

 

他のサイトを見て知ったのですが、その日のうちに消さないと、消しにくくなるみたいです。

要注意!

 

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【水遊び】ラブ・ア・ダブ お風呂クレヨンリフィール
価格:918円(税込、送料別) (2017/3/15時点)